全日本学生音楽コンクール本選!

全日本学生音楽コンクール、東京大会の本選が始まりました。

全日本学生音楽コンクールは、今年で71回目…課題曲のレベルも高く、日本で1番歴史のある、学生のためのコンクールです。

今年は、ピアノ部門(小学校の部)に、T君が出場しました🎹

今年の演奏順は、なんと1番でした💦
誰かが1番を弾かないといけないのですが…
コンクールで演奏順1番は、不利だと言われています。。
特に朝ですと、ピアノも鳴らないですし、最初は審査員の先生方も慎重に点数を付けて、点数が出にくいからです…

厳しい条件の中、トップバッターというプレッシャーもありましたが、T君はよく頑張ってくれたと思います!

今回、T君は課題曲の中から、ベートーヴェンソナタ第6番を選択しました。
学生音楽コンクールでは、ソナタを全楽章、通して弾かなくてはいけません。
本選に向けてのレッスンをしていて、ベートーヴェンのソナタ全楽章の偉大さを改めて感じました。

同じピアノコンクールでも、例えばピティナの全国大会で四期(バロック、クラシック、ロマン、近現代)を弾き分けて演奏するのと、ベートーヴェン全楽章まとめるのとでは、また難しさが全然違います。
私自身も、更なる研鑽が必要だと感じました。

残念ながらTくんは入賞は出来ませんでしたが、今回の経験を糧にしていってほしいです✨